LINEで送る
Pocket

便秘とは

便秘とは、排便時間の延長・便意があるが排便が困難である・3日間排便がない・1週間のうちの排便回数が2回以下の場合に便秘といいます。症状が軽い場合は生活習慣の見直しなどで改善が出来、それでも改善されない場合は症状にあったケアや薬の処方がされます。

 

便秘の原因は

原因は、
1.直腸に便が達しても排便反射が起こらず、直腸に便が停滞するタイプ
2.大腸自体の運動機能が低下して蠕動運動がうまく行われず、大腸内に便が長く留まることで水分が吸収され固く出にくくなるタイプ
3.副交感神経の興奮により大腸の過緊張が起こり、ウサギの糞のようなコロコロ便になるタイプ
の3つがあります。

 

生活の中で出来ること

食生活の改善・・・・水分補給をこまめに取るようにする。ヨーグルトなどの乳酸菌を取ることで腸内環境の改善を行う。ビタミンB1・ビタミンEの摂取。
運動・・・・毎日決まった時間に運動することで、運動後副交感神経の働きが優位になるため、運動後腸の働きが良くなり出ることが多い。腹筋やマッサージをすることで、お腹を刺激し排便を促すこともあります。
決まった時間にトイレに行く・・・・決まった時間にトイレに行き、排便感がなくても排便をするようにすることで、徐々に生活習慣として排便する時間だと体に覚えこませ、排便を促せるようになる。
ストレスをためない・・・・ストレスがかかると交感神経が優位になるため、排便活動が起きにくくなります。そのため、ストレスがかからない生活が必要です。

 

便秘の鍼灸治療

東洋医学的には、便秘は4種類に分けられます。
1.熱秘・・・・辛い食べ物を変色すると水分を取られやすく、そのために胃腸に熱を持った状態になるとこのタイプの便秘が起こります。
2.気秘・・・・気分的なストレス・抑うつ感により、体内を流れる気の流れが停滞し、そのために腸の動きが悪くなると、このタイプの便秘が起こります。
3.虚秘・・・・病後・産後で気血が回復してないと、気虚といって伝導力がなくなり、腸の運動機能が落ちてこのタイプの便秘が起こります。
4.冷秘・・・・虚弱な人や老人で、下腹部を冷やしたりしてしまうことで、身体を温める作用が低下して、排便困難となりこのタイプの便秘が起こります。

しろくま鍼灸院では、肩こりや腰痛などの治療に来ていて、問診で便秘が発覚することが多く、もともとの主訴に加えてお腹や足のツボを使って治療することが多いです。
上記の東洋医学的診断をもとに全身のツボ・経穴をとって治療してきますが、足の方には胃腸の症状が出ているときによく使われる「足三里」なども治療で使うことがあります。
当院では、灸頭鍼といって鍼の上にお灸をつけて温めていく治療があるのですが、それをお腹のツボにやらせてもらいます。さらに、背中側にも大腸・胃腸のツボがあるので、背中でもその灸頭鍼の治療をすることで、排便を促します。
治療後、ほとんどの場合で治療当日・次の日に排便が起こるほど効果は高いです。
鍼灸治療にはこういった治療効果もありますので、良ければお問い合わせください。

LINEで送る
Pocket