LINEで送る
Pocket

不妊症とは

不妊症とは、生殖年齢の男女が妊娠を希望して一定期間性行為を行っているのに拘わらず妊娠成立を見ない場合を不妊といいます。
その一定期間というのは1~3年、医学的には2年と以前までは言われていたが、近年はそれが早まり1年間性生活を行っていても妊娠成立しない場合を不妊症と定義しています。

 

不妊症の原因

女性側のみに原因がある場合は30%、男性側のみに30%、両社に原因因子を認めるもの30%、原因不明10%とされています。
重複を含む個々の因子の頻度は、卵管・腹膜因子が30~40%、膣・経管因子10~15%、内分泌因子10~30%、子宮因子5~10%、男性因子30~50%、子宮内膜症約10%、不明含むその他の因子10~20%といわれています。
実際に臨床の場にいると不妊症でも検査の結果は正常だったり、原因がわかっていて治療してもいい結果が望めていないケースも多いです。今の医学では解明されていない部分も多いそうで、何か見つかっても本当の原因がわからないケースもあるそうです。

 

不妊症の治療

不妊の原因は複数存在することが多く、その原因に対して検査を進めた後に治療を始めます。
原因の特定が困難なものを原因不明あるいは機能性不妊といい不妊症の20%を占めます。その中には卵胞発育異常、黄体機能不全などの内分泌障害、自己免疫疾患や抗精子抗体などの免疫系の異常、腹腔内とくに腹水中のマクロファージ、サイトカイン、細胞増殖因子の活性亢進、精子の受精能力低下なども指摘されているが、明確な診断法治療法は確立されていないそうです。
ステップアップ治療といって、タイミング法・排卵誘発・人工授精・体外受精・顕微授精と手段を段階的に変えていく治療法をステップアップ治療といい、一般的に5~6の周期でステップアップし、2年以内に結果を出すことが望ましいと言われています。
体外受精や顕微授精が出来るようになってからはずいぶんと変わり、それまで見えなかった原因などが見えたり障害がクリアできるようになったそうです。

 

実際の鍼灸治療

鍼灸治療は様々なケースで行われます。
しろくま鍼灸院・院長の経験だと、
不妊症と診断されたが原因がわからなかったケースで、タイミング療法をしているときに来院し、タイミングの前に治療し、身体を調節しうまくいったことや
それまでには失敗に終わっていた人工授精も、鍼灸治療の導入から1回目に妊娠したことや
不妊症の原因が子宮内膜症で、西洋医学的に治療しながら鍼灸治療の回数を重ねていくことで、無理だと言われていた妊娠を可能にしたことがあります。
他にもいろいろなケースで治療をしてきましたが、基本的には鍼灸治療でやることは身体を受精しやすい・健康な状態にもっていくことを目標にします。
僕の経験だと原因がわからないと言われていて、タイミング療法や人工授精の段階に入っている患者さんを多数診てきましたが、不妊によるストレス・精神面の疲れそういったところも鍼灸治療で取っていくことが大事です。
身体を健康な受精しやすい状態にもっていき、そこでタイミング療法などを行うことで良い結果を生み出してきていると思います。
鍼灸治療でできることは身体づくりですが、これが大事です。
治療では不妊には関係ないと思われる体の不調もすべてに対して治療を行っていきます。
治療の回数は数回でうまくいくケースもあれば、やはり何度も通院してもらうケースもあります。
やっていく中で、相談しながら治療をやっていくので安心してください。

しろくま鍼灸院では不妊症に悩む人に少しでも力になれるように治療をやらせてもらいます。

LINEで送る
Pocket