LINEで送る
Pocket

鍼治療の鍼という文字は「はり」と読みます。

しろくま鍼灸院の鍼という字は「しんきゅういん」と読みます。

読みはこの2通り。

しかし、同じ鍼灸院でも、針灸院と書くところもあればうちと同じように書くところもあります。

 

針と鍼で違いはあるのか。

実は、この二つの「はり」には意味に違いはありません。

ちなみに読み方も同じなので、こういう漢字を「異体字」というそうです。

だから二つに違いがないので、鍼灸院でも針灸院でも・鍼灸治療でも針灸治療でもどちらでもいいということになります。

 

鍼は治療的な意味が・・・

ただ、どちらの「はり」も同じ意味ではありますが、鍼という漢字は、日本では治療用の鍼という意味として使われています。

なので鍼灸治療の時に使う漢字がこちらの「鍼」になるんですね。

 

ですので、注射針や縫い針の「針」のほうは治療とは関係のない場合に使われています。

そこで住み分けをしているんです。

 

ただ中国では

ただ中国では鍼灸を「針灸」と書くので、鍼灸の字を使ってるのは日本だけなんですね。

中国の方が歴史的には古いので、難しい漢字を使わないのは僕的には不思議でした。

日本で針灸院のほうを使っているのはもしかしたら中国のほうで勉強した方がやってる鍼灸院なのかもしれないですね。

 

まとめ

はりという字は、鍼と針、二つありますが意味と読みに違いはありません。

ただ日本では治療を意味する時に「鍼」という字を使うことが多いので、鍼灸のほうが一般的になっているのでしょう。

ただこれでは馴染みのない人もいるので、わかりやすいように針灸のほうを使っている院もあるのかもしれません。

LINEで送る
Pocket