【ぎっくり腰】魔女の一撃を受けたことはありますか?

LINEで送る
Pocket

今日は久しぶりにある疾患について書いていこうと思います。
皆様がなる可能性のある疾患ですので、ぜひ読んでみてください。

魔女の一撃!?

思い荷物を持ち上げたり、激しい運動時に起きたり、姿勢の変化で起きたりする『ぎっくり腰』。
これを西洋では魔女の一撃と呼んでいます。
発症の起点は上にかいてあるように、重い物を持ち上げた時に発症しやすいと言われていますが、普段の臨床で話を聞いていると以外にも落としたペンを取りに行った時・しゃがんで立とうとした時・棚の上から軽い荷物を降ろす時など簡単な動作での発症が多いです。

ぎっくり腰の正式名称は??

ぎっくり腰は、正式には「急性腰痛症」と医学的には言われています。
ぎっくり腰は、腰椎の関節の捻挫・筋肉の損傷・筋膜性の炎症などが起こります。まぁ腰に激痛が走るということです。
原因は主に年齢や運動不足によって起こるとされていますが、臨床上普段運動している人でも起こることがあるので、割と皆さん起こる可能性があります。

ぎっくり腰の治療はいろいろある

原因がとても明確で、痛みの場所もとても明確なぎっくり腰。治療法はいろいろありまして、僕らのように鍼灸治療をやることは有効ですし、他にもマッサージ・整骨院などで筋肉をほぐしてもらうのがいいでしょう。
発症から時間が経つと痛みによる体の姿勢のゆがみ、腰以外の部位の緊張がでてしまうため、どの治療においても発症から早めの受診をオススメします!
しろくま鍼灸院では、ぎっくり腰の患者様が結構来院されていますが1~2回で軽減するケースがほとんどですので、痛みに悩んでいるようでしたらご相談ください!また、痛くて動けない場合は往診治療もしていますので、こちらもご相談ください。

私も先日、魔女の一撃をもらっちゃいました

ここまでぎっくり腰について書いてきましたが、僕も先日、魔女の一撃をもらいぎっくり腰になってしまいました。
というのもあって、この記事を書くことにしたのですが、久しぶりに(以前にも一度ぎっくり腰になってる)ぎっくり腰になって思ったのは、ホントに痛い!動けない!
僕は運動中に腰を捻ってなりましたが、筋肉が凄く張り、腰椎の捻挫にもなって腰椎自体にも痛みが出てしまって、それをかばうように生活することで体のバランスが悪くなってしまいました。
自分で自分を治療出来ないので、今回は接骨院にお世話になりました。
幸い今では痛みも取れてきて仕事もしっかりできているので感謝です。
自分の経験でも、今まで見てきた患者様のお話しでも、自分が準備しているときにはぎっくり腰にはなりません。(重い物持つときはある程度身体もじゅんびするからか)それよりも何も意識せず動いたときにぎっくり腰になることが多いので予防も難しいです。気をつけていてもなってしまうものなので、なった場合には先述のように早めの受診をオススメします。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL