LINEで送る
Pocket

内装の工事が完了し、物の搬入が終わったところで、ついに看板の取り付け工事が始まりました。
契約前店舗
以前にも少し載せましたが、看板もろもろがつく前の画像です。
看板取り付けはなんと2日で終わってしまいました!!

 

看板取り付け1日目

看板枠
まず、店舗上の看板から取り付けのようです。
看板を取り付けるための枠をまず建てたようです。
この看板の大きさは4メートル。
なかなかの大きさです!
看板位置
それと並行して、この電柱のところに野立て看板といって、道路に垂直に立つ看板を作ります。
看板穴あけ
それにはアスファルトに穴をあけて地面を掘ってから、鉄骨を埋め込んで建てるのですが、今回依頼した看板の大きさだと、1メートルくらい掘らなきゃいけないみたいなので、これは大変ですよね・・・・。

そして店舗上の看板の続きです。
看板取り付け1
出来た枠に看板を取り付けていきます。
ここで2枚に分かれているんだ!と驚き!
看板取り付け2
そして2枚目も取り付けて・・・
看板取り付け3
ピッタリと合わせてしまいました!!
すごい!!
つなぎ目があるはずなのにわからない。。
そして、しろくま鍼灸院のマスコットキャラクター、しろくまさんは別つけで看板に取り付けられます。
しろくまさん看板
こんな感じで左側の空いていたスペースにドンっとしろくまさんが入ります!!
店舗上看板
そして取り付けられたところで、この日は終了。
しろくまさんははみ出すくらいの大きさで、いい目印になってくれています!!
店舗の上に看板がつくことで、このお店工事してるけど何になるのかな~と車から見てくれる人が多かったです。
そこにこのかわいいしろくまさんなので、インパクトはばっちりでしょう!!
この次の日も引き続き作業が続きます。

 

看板取り付け2日目

2日目はまずは道路に面した野立て看板から作業が始まりました。
img_3053前日苦戦はしていたものの、1メートル柱を立てるために掘り返してくれました!
そこに2本の柱を立てて、看板を取り付けるための枠をまた取り付けます。
img_3057枠の取り付けが完成!!

ここでコンクリートも入れて枠を固定してしまいます。
しっかり水平になってるかも器具を使って確かめていました!!
なかなかでかいですね!!これで3メートルですよ。
看板の部分は2メートルありますので、目立つ看板になります。
img_3061そしてコンクリートが固定されるのを待つ間に、ウインドシートを張っていきます。
専用の液体を窓に吹きかけて、貼り付けていました。
僕はシールがつくもんだと思っていたので、窓ガラスに液体を吹きかけていた時は、窓キレイにしてくれてるのかな?なんて思っていました。
気泡などが入らないようにしっかりとやってくれました~~!
img_3066そして、自動ドアのところにも貼り付けしてもらいました。
前までは外から丸見えだったので、すりガラスのようなシートにしてもらいました。
全く中から見えないのも嫌だったので、足元とか店内の様子が見えるようにも工夫されてます。
丸見えは嫌だけど、外から全く見えない店舗に入りたくはないですものね。
img_3067外から見た様子です。
しろくま鍼灸院の文字を自動ドアに入れています。
外から見ても中の様子が少しわかるし、どんな風になってるかはつかめるのでいいですね!!

img_3068ウインドシートが終わったら、野立て看板の取り付けをササっと終わらせてくれました。
コンクリートで固定出来たら早いみたいです。
あっという間でした!
上のしろくまさんが目印になってくれます!
これですべての作業は終わり。
2日でばっちり終わらせてくれました!

 

まとめ

鍼灸院の看板制作・取り付けも内装工事と同様に打ち合わせがとても大事です。
看板の取り付け作業は2日でしたが、看板の打ち合わせは予算の関係上いろいろ変更点があったため、結構時間がかかりました。
看板発注の当初は店舗上の看板とウインドシートのみでお願いしようと思っていましたが、今回の工事では、道路に面した野立て看板も建てることにしました。
現在の開業した立場から言うと、この野立て看板は本当に建てて良かったです。
道路に面しているというのがとても大事で、店舗上の看板だけだとかなり認知度が落ちちゃうと言われました。本当にその通りだと思います。
おかげで目印になるし、来院される患者さんもわかりやすいと言ってくれます。
今回の看板取り付けはプロにほとんどデザインなどお任せしました。
プロの意見を聞いて取り入れるか入れないかをしっかり判断するのが一番いいと思います。
これから、しろくまの目印でしっかり継続して運営していきますので、引き続きよろしくお願い致します。

LINEで送る
Pocket