LINEで送る
Pocket

  • ある日急に肩が挙がらなくなった
  • 急に肩が痛くなった
  • 夜中、肩が痛くて目がさめる
  • 肩が痛くて髪の毛が結べない

などの症状は四十肩・五十肩です。

名前の通り、40代・50代に頻発する『五十肩』は、中高年者が訴える肩の痛みのうち、最も多い疾患のひとつです。

医学的には『肩関節周囲炎』と呼ばれ、肩の周りの痛みが非常に強く出て、肩が挙げられなくなる・運動制限にまで至ることがあります。

 

一般的には、『1年程度で自然に治っていく』と言われている五十肩ですが、実態は自然に治らず肩が挙げられないまま・肩の痛みは全然取れない。という方も大勢います。

本記事では、五十肩の解説と鍼灸治療で五十肩は治る!という部分を紹介します。

五十肩とは

  • 四十代・五十代を中心に発症する肩の痛み
  • 運動時に肩の痛み
  • 安静時・夜間痛も出ることもある
  • 着衣・結髪・結帯動作などの日常生活動作が困難になる
  • 肩関節の可動域制限
  • 肩前方・肩後方までの痛み
  • 画像検査で異常がない

五十肩は、・肩板断裂・石灰性腱炎・肩峰下インピンジメント症候群・上腕二頭筋長頭腱炎・胸郭出口症候群・虚血性心疾患などから生じる肩痛を除外してから、『五十肩』と診断されます。

五十肩の原因は

五十肩の発症の原因はわかっていません。原因不明です

いろいろな疾患には、男女差左右差があることがありますが、五十肩には40代・50代以降に発症しやすいだけで、男女差や左右の発生率も変わりがありません。
利き腕が発症する、と言うわけではありません。

 

原因はわかっていないですが、生活習慣や肩の血行不良などで起こす可能性があると言われています。

五十肩の症状

五十肩は、肩関節のまわりの痛み・運動制限を主な症状としています。

日常生活動作の困難

衣服の着衣脱・結髪・結帯の動作ができなくなることがあります。

肩の痛み

肩から場合によっては腕までの痛みが出ます。

運動時の痛みが多いですが、安静時の痛みや夜間寝ている時の痛み=夜間痛が出ることがあります。

夜間痛は痛い方を下にした側臥位(横向け)での痛み・寝返りの時に痛みが出るのが特徴です。

五十肩の病期

五十肩には、

  • 急性期
  • 慢性期
  • 回復期

の3つの病期があります。それぞれ4ヶ月程度で、約1年経過することで治癒すると言われています。

急性期の特徴(発症〜4ヶ月)

  • 痛みが最も強い時期
  • 運動時痛・安静時痛・夜間痛が出現する
  • 肩関節の可動域に制限がかかる・・・痛みと筋肉の攣縮によって起こる

この時の治療は、安静。幹部の保温などがあります。
痛みのない範囲での運動療法がリハビリでなされることもあります。

慢性期(発症後4ヶ月〜8ヶ月)

  • 筋肉の拘縮=筋肉が固まって動かなくなってしまう
  • 可動域の制限が顕著になる
  • 動作時以外は痛みがなくなってくる

この時の治療は、幹部の保温。自宅での可動域トレーニング=肩周りの運動療法をします。

回復期(発症後8ヶ月〜12ヶ月)

  • 可動域が徐々に改善する
  • 運動時痛もなくなっていく

この時の治療は慢性期の治療を継続しながら、ストレッチなどの運動療法をします。

五十肩で痛みが出る筋肉

肩の関節は、鎖骨・上腕骨・肩甲骨の3つの骨と複数の筋肉が交わって肩関節を構成しています。

五十肩では、前述の通り肩関節の可動域制限が起こります。
この時に筋肉の痛みが出てしまうのが、

  • 棘上筋
  • 棘下筋
  • 小円筋
  • 肩甲下筋
  • 上腕二頭筋

などの肩関節を挙げる時に使う筋肉が炎症や損傷を引き起こして、痛みと可動域制限が起こります。

五十肩の鍼灸治療

五十肩鍼灸治療

鍼灸治療は、五十肩で痛みの出る筋肉で紹介した、

  • 棘上筋
  • 棘下筋
  • 小円筋
  • 肩甲下筋
  • 上腕二頭筋

などの肩関節を挙げる時に使う筋肉を中心に治療していきます。

幹部の保温は非常に大事な要素になるので、しろくま鍼灸院では、はり+お灸の灸頭鍼と呼ばれる治療をします。

上の写真が一例になります。

五十肩のセルフケア

  • Codman体操
  • 介助挙上運動
  • 引き上げ運動
  • 温熱療法

があります。

五十肩の時にやらないほうがいいこと

上で紹介したセルフケアの時の注意点は、疼痛が出ているときはやらないほうがいいということです。

肩周りの筋肉は炎症と拘縮=筋肉が固まっている状態です。

拘縮状態で無理にストレッチや動かしたりすると筋肉の断裂を引き起こしてしまうことがあるので注意が必要です。

 

拘縮=筋肉が固まっている状態は言わば、「劣化したゴム」の状態です。劣化したゴムは伸びにくく・切れやすいのと同じように筋肉が拘縮時は同じことが体の中で怒ってしまうのです。

無理な運動・ストレッチはやらないようにしましょう。

五十肩と鍼灸治療まとめ

五十肩の説明と鍼灸治療について書いてきました。

五十肩の治療は病院では基本的に保存療法で『待つ』ことが多いのが現状です。

その中で鍼灸治療をやることで、寛解へのスピードが圧倒的に早くなるので、ぜひ使っていただきたいです。

 

また、1年でよくなると言われていますが、治療現場にいると1年以上痛みが出てしまっている状態の方も少なくないです。

そのような状態でも諦めないでください。

鍼灸治療で改善することができます。

ぜひご相談ください。

ご予約・お問い合わせ・アクセス

ご予約はこちらから↓↓

オンライン予約は、スマホ・パソコンからのお電話・ご予約方法について を参考にしてください。

お問い合わせは、電話やLINEで受付しています。

029-828-5501

しろくま鍼灸院へのアクセス

しろくま鍼灸院   つくば・土浦・牛久の鍼灸院
〒300-0848 茨城県土浦市西根西1-10-5
TEL.029-828-5501

月~金曜日  AM10:00~12:00/PM14:00~21:00/予約最終受付20:00
土曜日    AM10:00~12:00/PM14:00~18:00/予約最終受付17:00

LINEで送る
Pocket