LINEで送る
Pocket

僕は小中高とバスケットをやってきました。
今日は院長嶋田のバスケットとの関わりについて書こうと思います。

 

学生時代は勉強よりもバスケ

小中高校生の頃は正直、勉強そっちのけでバスケットばかりでした。
チームメイトにも恵まれて、小中は副キャプテンとして小学校の時は県2位、中学の時は県3位、高校はキャプテンとして新人戦で県ベスト8までいきました。
ここまでしっかりバスケにのめりこんでいたので、今年から始まるバスケットのプロリーグの三遠ネオフェニックス#1の大石選手とは小中高と対戦経験があります。(対戦したってだけですが。)
中学の時の先輩もプロになったりしているので(現在は引退している)、ホントバスケットで生活が回っている感じでした。
高校受験の時に、県1位の高校からスカウトが来たのですが、僕の実力ではその高校に入っても試合に出れないと感じたので断って普通に受験して高校は決めました。

怪我で人生が一変

とまぁ、ここまで僕ができる自慢話をしてきたわけですが、
転機は高校3年の時、ホントにバスケットしかしてないときに、練習中に膝の前十字靭帯損傷のケガをしました。
これがちょうど春先で、これから最後のインターハイ予選ってときの怪我でした。
怪我も治せず、強行出場したものの1回戦で敗退。そのまま引退になります。
引退してからは、あいさつにも書いたように、鍼灸師を目指し、無事鍼灸師になれました。

茨城の生活でもバスケットを

院を卒業後、仕事で茨城に来て、つくば・土浦での生活が始まります。
茨城に来た頃は、誰も知り合いがいなかったので、知り合い・友人を増やそうと社会人バスケをやり始めました。
当時は、mixiというSNSが流行っていたので、そこからチームに申し込み、練習に参加させてもらう、こんな感じでした。
大学・大学院時代はバスケットは全くといっていいくらいやってなかったので、6年ぶりの運動に最初はひどかったですが、昔取った杵柄でそれなりにやれました 笑
バスケットを再開してからは、徐々に友人も増え、今回の開業では、バスケットで出会った人にとても手伝っていただいてます。
思い返しても、バスケットから始まることが多々あったので、これからも社会人バスケをすこ~しやっていこうと思っています。
バスケからここまで人生が広がって、スポーツって素晴らしいなという話でした。

LINEで送る
Pocket