LINEで送る
Pocket

鍼灸院っていろいろな所にあるけど、どこに行こうか迷う・敷居が高い・・・。っていうのをしろくま鍼灸院に来院される患者さんによく聞きます。
確かに、鍼灸院はいろいろな所にありますが、鍼灸院それぞれに特徴をもっているのが普通です。
なので、鍼灸師側から見てお客さんが選ぶ基準をわかりやすくお教えします。
気になっている鍼灸院のホームページを見て自分のやりたいと思っている治療院かどうかの足しにしてもらえたらと思います。

1.鍼灸院か鍼灸整骨院か

まずはじめに、鍼灸院には2種類業務の形態があります。鍼灸院と鍼灸整骨院です。
鍼灸院はもちろんはりとお灸を施術する治療院ですが、じゃあ鍼灸整骨院は?というと・・・はりとお灸だけでなく、柔道整復師という国家資格を持った施術師がいる治療院です。
鍼灸院は治療の時にはりとお灸を使って治療していきますが、鍼灸整骨院の場合は、それにプラス柔道整復師によるマッサージや電気治療ができる治療院です。
マッサージ・電気治療は別料金になることが多いですが、そちらも一緒に受けたいという場合は鍼灸整骨院がオススメです。
鍼灸院はマッサージはしませんが、治療時間を長くとってやっているところが多いので、治療時間をしっかりとってもらいたい方にオススメです。

 

2.何を得意とする鍼灸院か

一口で鍼灸院とはいえ、それぞれの治療院に得意とする治療法があります。
これが大きく分けると東洋医学を中心にした鍼灸院か、西洋医学を中心にした鍼灸院か、どっちも得意と言っている鍼灸治療かの3つに分かれます。
東洋医学を得意としている鍼灸院の治療方法は、痛いと言っている部位だけでなく全身の治療を行うのが一般的です。なので、痛い部位がたくさんあるとか、痛い部位だけでなく内臓の方の調子も見てほしい方はこちらがオススメです。
西洋医学的を得意とする鍼灸院の治療は、刺した鍼に電気を流すのが特徴です。東洋医学の方とは違い、痛い部位を中心に筋肉や神経に対しての治療をするのが特徴です。こっちが得意な鍼灸院はホームページをみると鍼に電気を流している写真があるので、それがあれば西洋医学が得意な鍼灸院と言っていいでしょう。痛い部位が少ない方、局所的にここが痛いっていう方にオススメです。
最後にどっちも得意といっている鍼灸院ですが、どっちも得意と言っていてもどちらかに偏っているケースが多いです。しろくま鍼灸院もこう言ってますが、治療は東洋医学的にやっていくことが多いので、必ずどっちかに分かれるはずです。ですので、ホームページをみてもらい、東洋医学が得意な鍼灸院は○○流という治療法をしてますとかが書かれているケースが多いですし、西洋医学が得意な鍼灸院は電気治療をしているところが多いので、これで判断してみてください。
ちなみに、鍼灸整骨院は西洋医学が得意なことが多く、鍼灸院は東洋医学が得意なことが多いです。

 

3.治療費は全身での値段か、部位での値段か。

鍼灸治療の代金は、自由診療と言って治療院側が治療費を決めれます。そのため、鍼灸院それぞれで治療費が異なることが多いです。
しろくま鍼灸院のある、つくば・土浦の鍼灸治療の平均の値段は約5,000円ですが、東京などになると1万円になったりと、場所によって違いもあります。
それと、しろくま鍼灸院のように全身の治療で1時間5,000円としているところもあれば、1部位20分3千円と部位別で料金を頂くところもあります。
治療時間も治療院によって様々なので、値段・時間・全身か部位かをしっかり確かめた上で、予約するようにしてください。
また、ホームページを見ていると治療費が書いていないところがありますが、そういうところは正直いくらかかるかわからないので、やめておくのが無難だと思います。

 

4.保険診療ができるかどうか

鍼灸治療は保険が使えることがあります。
保険が使える場合はお医者さんの同意書が必要になるので、鍼灸治療を受ける前に病院に行き、同意書をもらってから鍼灸治療を行うことで、保険診療ができます。
治療院それぞれで取り扱っているところと、そうでないところとありますので使えるかどうかを確認してからの治療を行ってください。

 

5.個室かカーテンか

鍼灸治療はマッサージと違い肌に直接触れて、はりやお灸を身体に施します。そのため、施術着への着替えやシャツ1枚になってもらったりと、服を脱いでもらうことがあります。
カーテンでもプライバシーは守られますが、個室の方が更に安心ですよね。
鍼灸治療を行っているところは、個室のところも多いのでこちらも判断基準にしてもいいかなと思います。

 

まとめ

先述した通り、一口に鍼灸院とはいえ、いろいろな治療の仕方・値段・時間などさまざまです。
一度試した鍼灸院で回復しなかった場合でも、他では治療法がまた違うため、他院で治療することで良くなることもありますので、何よりも自分にあった鍼灸院を見つけてもらうのが一番いいと思います。
今回は鍼灸院の見つけ方を鍼灸師としての目線で書かせてもらいましたが、まだわかりずらいという場合はコメントに残していただければと思います。

LINEで送る
Pocket