LINEで送る
Pocket

うつ病とは

うつ病は、抑うつ気分や興味の喪失・思考停止・自己評価の異常な低下・意欲と行動力の低下がみられる精神疾患です。
抑うつ気分は単なる悲しみとは異なっていて、患者様にとってはひどい苦痛です。人々の喜怒哀楽にしらけてしまい、すべてがつまらなくなってしまい興味を喪失します。
抑うつ気分とそれに続く興味の喪失は、思考停止を引き起こします。つまり、患者様の脳裏には何もアイデアが浮かんでこないために、結局は考えが先に進まなくなります。そのため、些細なことの決断に時間がかかり、意欲の衰退と行動の減少につながってしまいます。
自己の能力、身体、生命、財産などに対して劣等感に捕らわれ、以上に低い評価しか下さなくなります。自分を意味のない存在だと決めつけ、発展すれば微小妄想といって「自分の失敗のせいでみんなに迷惑をかけてすまない」という罪業妄想や「このままでは破産してしまう」という貧困妄想や「回復できないほど重大な病にかかっている」という心気妄想が出てきます。
微小妄想は患者様を追い詰めて、3分の2の方が「いっそのこと死にたい」という希死念慮を抱き、10から15%が実際に自殺を企てます。特に注意するべきは自殺にもある程度のエネルギーが必要であるので、回復期に多く見られるので油断できません。
うつ病患者様の約半数が、抑うつ気分や抑止が早朝に最も多く、午後から夕方にかけて軽快するという日内変動を示します。

 

しろくま鍼灸院の治療は

しろくま鍼灸院の鍼灸師は病院勤務経験があり、つくばでは心療内科の中にある鍼灸院で働いていたため、うつ病の患者様を診る機会が多かったです。
うつ病はこころの病気と言われていますが、実は身体にも症状が出ることが多いです。
例えば、睡眠障害で眠りが浅い・寝つきが悪い・そもそも寝れないなどの症状や食欲の増加・低下や身体の痛みや倦怠感が出たり・胃腸の具合が悪く、吐き気・下痢・便秘などの症状が出ることが多いです。

あまり知られていないですが、鍼灸治療には精神面に効かせる経穴(ツボ)があります。
イライラ・心配なこと・不安感それぞれに合わせた経穴があり、はりやお灸で治療をしていきます。

また、上記の睡眠障害も鍼灸治療により改善できますし、
一番効果的なのはやはり身体症状が出てるケースです。
身体が痛い・倦怠感などは鍼灸治療でとることが出来る症状です、経験上鍼灸治療はこの面にはかなり効果的です。
また、当院の治療時間は1時間程度なので、それを生かして、治療中にはカウンセリングも兼ねた問診をさせてもらいます。

治療の効果はまずは身体が軽くなったりスッキリしたりするところから始まり、それにより動けるようになったなど徐々に行動量が増え、行動量が増えることで徐々に精神面にも作用していくといった改善が見られます。
治療期間は本当に人によって様々なため、これは来院して決めていきます。

心療内科での治療経験上、うつ病は確かに難しい病気です。
でも、鍼灸治療によりその中の症状がひとつでも改善することで良くなっていくケースが多いです。
もし、うつ病でお悩みの方はぜひ一度相談してください。

LINEで送る
Pocket