LINEで送る
Pocket

開業時にお祝いでいただいた観葉植物のヒメモンステラが春先からどんどんどんどん育っていき、葉っぱが増え、根がすごいことになってきていたので、兼ねてからやろうと思っていた植え替えをやってみました!

ヒメモンステラ

ヒメモンステラとは、サトイモ科・モンステラ属に分類される植物のうち、小型なものの総称だそうです。
写真のように葉っぱの切れ込みが特徴で、寒さや暑さ、湿気や日陰といった極端な環境に強く、病害虫にもかかりづらいことから、人気の観葉植物になっているそう。
作り物かな?っていうくらい特徴的な葉っぱですよね!
写真の葉っぱは新たに出てきた葉っぱなのですが、花のようにつぼみの状態から開いたらこんな葉っぱが出てきます、はじめは僕もびっくりしました。

しろくま鍼灸院では、このヒメモンステラは受付か上の画像のように待合スペースに置いていたのですが、大きくなってしまったことで、ソファーを圧迫し始めていました・・・・。
ですので、今回は植え替えを決意して、実際にやってみました。

ただ、僕は全然植物に詳しくなくて知識もゼロなので、いろいろ調べさせてもらいました。

くわしくはこちらを参考にしました。

ヒメモンステラの植え替え方法

ヒメモンステラは茎や葉の生長にともない、鉢の中の根もぐんぐんと伸びていきます。結果的に、鉢が根でいっぱいになってしまい、呼吸できずに腐って枯れてしまうことがあります。そのため、一回り大きな鉢に植え替える必要があります。今回はまさにこの状態で、鉢の中が根でいっぱいになってしまっていて、土からはみ出てきてしまっていました。

時期はヒメモンステラの生長が盛んな5~9月がおすすめです。晴れた日の午前中を選んで、グッズを用意して以下の手順で作業を行いましょう。

■ 植え替えに必要なグッズ

  • いまよりも一回り大きな鉢
  • ピンセット
  • 観葉植物用の培養土
  • 鉢底ネット
  • 鉢底石か軽石
  • 割りばし
  • 支柱(背丈が1m以上に生長する場合)
  • 麻ひも
  • ゴム手袋か軍手
  • 小型のシャベル・スコップ
  • ビニールシートか新聞紙

ちゃんと全部揃えてきました!ホームセンターのガーデニング用品売り場に初めて行きました。
必要なものが意外と簡単に見つかりましたし、店員さんに聞きながらすぐに見つけることが出来ました!

■ 植え替えの手順

  1. 水やりを控えて土を乾燥させる
  2. 作業する場所にビニールシートを敷く
  3. 新しい鉢の底穴に鉢底ネット、鉢底石を順に敷く
  4. 土を鉢の1/3ほどまで入れる
  5. 鉢からヒメモンステラを抜き、根についた土を手でやさしく揉んで落とす


    鉢の形に根がぎっしり詰まってしまっていました。
    ですので、鉢から取り出すこと自体が大変な作業で、茎と根っこが剥がれてしまわないか心配でした・・・。

  6. 黒ずんでいる腐った根を剪定バサミで切る
  7. 鉢の中心に植物を置き、縁から下4cmのところまで土を入れる
  8. 支柱を立てて、麻ひもで植物と結ぶ
  9. 土の表面を割りばしでつつき、根の隙間まで土をなじませる
  10. 鉢底から流れ出るくらいたっぷりと水やりをする

といった具合に植え替え完了させました!
実際に鉢から取り出すのと、腐った根の剪定が大変でした。正直腐っている根がいまいちよくわからず、結構バッサリと根を切ってしまったので、今後枯れないかしっかりと様子を見ていこうと思います。
大きく育ってしまったので、これからはスペースのある受付横に置いていきます。

とりあえず今回は植物のことに関して全くわからない状態でしっかりと植え替えが出来るかやってみたのですが、なんとか出来ました!
このヒメモンステラはなんと、挿し木という方法で増やすことができるそうで、それもこの葉を切って植えるだけ!という非常にシンプルかつ簡単な方法みたいなので、一応やってみました。
今後うまくいったらまたブログにアップします。

ご予約・お問い合わせ・アクセス

ご予約はこちらから↓↓

オンライン予約は、スマホ・パソコンからのお電話・ご予約方法について を参考にしてください。

お問い合わせは、電話やLINEで受付しています。

029-828-5501

しろくま鍼灸院へのアクセス

しろくま鍼灸院   つくば・土浦・牛久の鍼灸院
〒300-0848 茨城県土浦市西根西1-10-5
TEL.029-828-5501

月~金曜日  AM10:00~12:00/PM14:00~21:00/予約最終受付20:00
土曜日    AM10:00~12:00/PM14:00~18:00/予約最終受付17:00

LINEで送る
Pocket