LINEで送る
Pocket

どうも、しろくま鍼灸院の嶋田です。
五十肩・四十肩の治療、みなさんはどうしてますか?
この五十肩・四十肩のことを肩関節周囲炎と病院とかではいいます。
さてこの肩関節周囲炎について今日は書いていこうと思います。

肩関節周囲炎(五十肩)とは

中年以降に多くみられる疾患の一つで、❝肩の痛みと同時に肩関節の拘縮(固くなること)を発生するが、しばらくすると自然に治癒する❞とされています。肩回りの腱板変性が起きて、関節包滑膜に慢性炎症が起こり、関節包が短縮することで運動制限が起こると考えられていますが、その病態はいまだにはっきりとしたことがわかっていません。

肩関節周囲炎(五十肩)の症状

40~50歳に良く起こります。
肩・肩甲骨周辺に疼痛とそれによる自動運動制限が徐々に現れます。疼痛は夜間や寒い時期に強まります。運動の制限は帯を結ぶ動作:結滞動作や髪を縛る動作:結滞動作で良く出ます。
運動制限が起こることで、肩関節に拘縮が起きて、他動運動も制限されるようになります。拘縮が起きることで肩回りの筋肉は廃用性萎縮といって筋力の低下が起こります。
その後、疼痛・運動制限も回復していきます。

肩関節周囲炎(五十肩)の治療

疼痛除去の目的で、薬物療法(非ステロイド性抗炎症薬の内服・肩関節腔へのヒアルロン酸注入)、温熱療法(ホットパックなど)を行います。また。関節可動域改善の目的で、温熱療法・五十肩体操などが行われます。このように治療は保存的療法と理学療法が中心で行われます。

治療の予後は、80%近くの症例が6カ月から1年で自然治癒しますが、関節拘縮を残すものもあります。

しろくま鍼灸院の治療

五十肩とはどんなものか、ここまで簡単に書いてきました。
五十肩には原因がわからず起こることが多く、来院される患者さんも朝起きたら急になっていて、それからずっと痛いんですという方がいます、原因不明で起こるのでビックリされる方が多いです。
上記の通りほとんどの方が1年ほどで自然に治っていきますが、当院に通院される患者さんはそれ以上長い間痛み・関節拘縮に悩まされている方がほとんどです。

しろくま鍼灸院では、まず、五十肩の原因筋となる筋肉に対して治療をしていくことで、筋緊張緩和をして肩の筋肉を動かせる状態にもっていきます。肩を動かしても痛みが出なくなったら、五十肩体操をお教えします。こちらは患者さんにやってもらう運動になるのでお家でもやっていただきます。そうやっていきながら徐々に筋肉をつけ・元の肩が挙がる状態にもっていきます。


肩回りの治療ではしろくま鍼灸院でよく使う灸頭鍼といって鍼の上にお灸をつけて温めていく治療が活躍します。
肩周りの筋肉が緊張して固くなっているケースが多いため、温めることで和らげていきます。
また、肩回りの筋肉がうまく使えないことで、代償動作が働いて肩回りだけでなく、首や肩甲骨の筋肉にまで影響が出ることがあるので、状態を診て一緒に治療をしていきます。

五十肩はしっかりと治療することで治る病気です。
1年で自然に治らなかった・治療院に通っているが良くならなかったという方でも治すことが出来ますので、お悩みの方はぜひ相談ください!

LINEで送る
Pocket