LINEで送る
Pocket

変形性膝関節症とは、膝関節における関節軟骨の退行性変性に基づく疾患です。簡単に言うと関節軟骨が変形して起こる疾患です。
実は、国内に総患者数が1000万以上と推計されたりするので、本日は、変形性膝関節症とそれに対する鍼灸治療について書いていこうと思います。
変形性膝関節症には一次性変形性膝関節症(特発性変形性膝関節症)と二次性変形性膝関節症(続発性変形性膝関節症)の2種類あり、大多数を占めるのが、一次性の変形性膝関節症で、加齢による関節軟骨の退行性変性によるものである。
ちなみに、二次性はけがなどの外傷から続発するものを言います。

変形性膝関節症の症状

●疼痛・・・・立つときや階段の昇降時に膝関節の内側に強く痛みを認めます。高齢の方でこのような症状が出ているとき・運動時のみに痛みを訴える場合はまず最初に変形性膝関節症を疑います。逆に安静時でも痛む場合は骨壊死や感染症などを疑うこともあります。
●可動域制限・・・・屈伸運動のどちらでもあります。正座が出来なかったり、膝が伸びないなどの症状が出ます。
●関節腫脹・関節水腫・・・・関節が張れたり・水がたまったりします。
●膝関節の変形・・・・いわゆるO脚になります。
●大腿四頭筋の萎縮・・・・膝に痛みが出ることで、大腿四頭筋を中心とした筋肉群が著名に衰えてしまいます。大腿四頭筋は膝関節を支えるための筋肉としても作用しているため、この筋肉が衰えるとますます膝関節に負担が加わり、状態を悪化させるという悪循環に陥ることになります。

 

診断

X線検査(レントゲン)をすることで診断が可能です。
骨棘の形成、軟骨下骨の骨硬化、萎縮、関節裂隙の狭小化などが見られます。
関節リウマチでも同じような症状が出ることがあるため、鑑別診断するために採血検査をするケースもありますが、基本的にはレントゲン検査で診断します。

 

変形性膝関節症の治療と鍼灸治療

じゃあ実際に治療は何をするか、というと一般的には保存的治療として薬物療法で消炎鎮痛剤の処方が行われたり、ヒアルロン酸注射を膝関節へ行ったりすることがあります。
症状が進行している場合は手術療法を行うこともあります。

 

鍼灸治療は、一般的に診断を受けたケースと受けていないケース、すでに薬物療法を開始しそれにて効果が得られなかった場合に行うことが多いです。
肩こり・腰痛に次いで膝痛が鍼灸院では多い疾患の一つですので、この変形性膝関節症に対する治療はどこの治療院でもやってもらうことが可能です。

しろくま鍼灸院の鍼灸治療では、膝の内側にあるツボ(陰陵泉・血海・内側関節裂隙)にはりや灸頭鍼治療を行ったり、膝だけでなく足首・足の甲のツボを使ったりすることで痛みを取っていきます。
また、変形性膝関節症の患者様はよくよく見ると膝の内側に痛みは出てますが、膝裏の筋肉の張りが強く出ていることも多いので、そちらに対しても治療をしていきます。

 

鍼灸治療による効果

鍼灸治療をすることで、膝の内側に出ていた痛みは取ることが可能です。
しかし、手術適用なほどの関節の変形があったりすると大きな効果が期待できない場合があります。
また、どんなに良くなるとは言っても変形してしまった膝関節をもとに戻すことは鍼灸治療では出来ません。
一人一人変形の度合いや痛み方は違うので、治療の回数は様々ですが、患者さんにあわせて治療を行っていきます。
痛みと歩く際の緊張などを取るには鍼灸治療はすごく効果的なので、一度相談してください。

LINEで送る
Pocket