LINEで送る
Pocket

しろくま鍼灸院のある土浦・つくばは企業や研究所が多く、そのためデスクワークをする人が多く通われています。
鍼灸院の最も多い主訴として肩こりがあげられるように、しろくま鍼灸院でも肩こりの患者さんは多く来院されています。
今日は肩こりと鍼灸治療の有効性について書いていこうと思います。

肩こりとは・・・・

まず、肩こりは言ってしまえば頚肩部の筋肉の緊張です。首や、肩、肩甲骨につく筋肉が仕事やストレスで緊張することでコリとなり痛みや苦しみがでます。
症状としては、首肩のこり・痛みがもちろんでますが、ひどくなると頭痛・めまい・耳鳴りなどの症状が出ることがあります。
ここでは話しませんが、頸椎ヘルニアへと移行するケースもあるので、ひどい方・病院に行っても改善されない方はご相談ください。
病院では、レントゲン・症状がひどい方にはMRIを取ることがあります。湿布の処方・痛み止めの処方・筋弛緩薬の処方が行われることが多いですが、それでも改善されない場合に鍼灸治療に来られることが多いです。

 

肩こりの鍼灸治療は

鍼灸治療は首・肩・背中の経穴と呼ばれるツボを中心に治療をしていきます。
なかでもしろくま鍼灸院での治療でよく使うのが、頭と首の境目にある天柱・風池です。
肩こりの患者さんでも例外なくこっていることが多いので、必ずと言っていいほど使っています。
首・肩のこりでも肩甲骨付近のこりが出ることが多いので、そこに対しても治療をしていきます。
また、首肩こりからくる頭痛やめまいのために、頭のツボや耳のツボを使うこともあります。

治療の効果は、即時・次の日には出ることが多く、肩が軽くなるのはもちろん、それまでに頭痛を実感していなかった人も頭が軽くなったりするケースがほとんどです。
ただ、肩こりになった原因が仕事からだったりすると、治療で良くなっても徐々にもとに戻ってしまいます。
しろくま鍼灸院の場合は最初の間は週一回のペースで来てもらい、徐々に治療の効果も伸びてくるので、それに合わせて治療のペースものばしていきます。
良くなってしまうとほとんど出ない状態から・出ても少し休めば自分で治せる状態になったりすることも多いため、治療の間隔は長くなります。治療を続けることで体も強くなるんですね。
ただ、もう出ないとは言えないので、出たらすぐに来院して治療をすることで、即時回復し引き延ばさないように指導しています。

 

まとめ

デスクワークでパソコンを使った、普段の生活でスマホを使ってる・ストレスで・・・・といった人が肩こりになるケースが多く、しろくま鍼灸院ではあらゆる人にも対応できるように治療をしています。
原因は仕事から来ていることがわかっても、仕事を辞めることはできません・・・、だから鍼灸治療によってまずは症状を軽くし・なくす方向にもっていき、その中で肩こりにならない体づくりを治療でしていきます。
肩こりに加えて頭痛・めまい・耳鳴りがある方は、相当体に負担がかかっています。
しろくま鍼灸院でなくても肩こりの治療はできますので、ぜひ相談してみてください。

LINEで送る
Pocket