LINEで送る
Pocket

この記事は、治療に関することではありません。

僕が普段取り入れている事務作業時にやるテクニックです。

 

みなさん、ポモドーロテクニックって知っていますか?

なかなか聞きなれない言葉だと思うのですが、僕も最近聞いて取り入れるようになりました。

ポモドーロテクニックとは何か。

簡単に言うと、短期集中と休憩を繰り返すことで、仕事効率を上げるというテクニックです。

 

90年代初めに、フランチェスコ・シリロによって発明された仕事効率術で、

どんな仕事も30分単位で分割し、「25分作業、5分休憩」を1クールとして、これを繰り返します。

これを4クール繰り返したら少し長めの30分程度の休憩を入れて、その後また「25分作業、5分休憩」へと戻っていきます。

 

やり方は、すごく簡単です。

1、達成しようとするタスクを設定。

2、タイマーを25分セットする。

3、タイマーが鳴るまではタスクに集中する

4、タイマーが鳴ったら5分セットにして5分休憩する。

5、スッテプ2~4を4回繰り返したら15分から30分の長めの休憩をとる。

という感じです。

もし、電話や来客があった場合は、25分経過するまで待ってもらうことを推奨しているようですが、

なかなかそんなことはできない場合も多いです。

来客や電話対応をする場合は、最初からやり直しで25分やるそうです。

 

とまあ誰でも簡単に取り入れえることができます。

作業効率が2.3倍に!なんて記事もあります。

どんなことに取り入れているか・・・ 

僕がこのポモドーロテクニックを何に取り入れているかというと、仕事柄、治療を30分で終わりにします!

って言えないので、治療はしっかり患者さんの要望にお応えできるようにやってますが、

治療院が終了して書くこのブログとか、事務作業をやるときに使用しています。

 

僕は、患者さんを治療するのが好きでこの仕事をやっています。

ですが、事務作業やこういうブログは苦手な部類です。

治療だけやっていれたらと思う日が多いですが、このポモドーロテクニックは、ホントに負荷なくやれています。

今までは、苦手なことなのでだらだらとやっていましたが、導入後は正直25分があっという間、すぐに5分の休憩がくる感覚です。

しかも5分て以外に長い。

たばこ吸う人にはちょうどいいかもですが、吸わない僕なんかはTwitter確認したり、ちょっと立ってストレッチしたりとできることがいろいろあります。

で、やる前は1回休んじゃうともう一回仕事に戻るのが難しんじゃない?なんて思ったけど、以外にもタイマー鳴ったらすぐにまた作業に戻れるので、5分ていう時間が絶妙なんだと思います。

 

また、やるべきタスクを25分ごとに細分化することで、1クールごとにゴールが設定できるので、遠くないゴールに向かって走ることができます。

これにより、作業効率が上がっているのを実感できるので、良ければ皆様もぜひやってみてください。

LINEで送る
Pocket