1. ご予約・来店

電話・ネット予約・メール・LINE@のいずれかでご予約して頂くと診察までの流れがスムーズです。
来店後、簡単な問診票を書いてもらいます。

2. 問診

問診票記入後、診察室に入っていただき、症状や経過などについてお聞きし、東洋医学・西洋医学両方の観点から病状を把握します。

普段の生活のこと・仕事のことなどの一見関係なさそうなことも病態把握において大切なため、お聞きしていきます。

その後、望診といって病の原因を探るために立った状態で、身体のバランスを診させてもらいます。

3. 着替え

問診・望診終了後、施術着に着替えてもらいます。
施術着はこちらで用意がありますのでご安心ください。

女性の方へのお願いとして、下着は着用のままで大丈夫ですが、キャミソールの背中が開かないものは脱いでもらうことがあります、治療のため必要になりますので、よろしくお願いします。

詳しくは鍼灸治療には着替えが必要?に書いています。

4. 切診・治療

病態把握・身体のバランスを見た結果を含めて、始原東洋医学という治療法を元に、反応点というツボを取っていきます。
取った反応点に対して、鍼(はり・針)・灸・灸頭鍼の治療を行います。

5. 治療後

すべての施術が終わったら病態の説明とその日行った治療についてお話します。
治療の効果は人それぞれですが、当院の治療は直後から次の日の朝に実感できることが多いです。
症状の状態や効果の出かたで治療頻度も決定してきます。

その後着替えをしていただき、お会計になります。

当院の治療について

始原東洋医学という有川貞清医師により提唱された治療法により、治療していきます。
しろくま鍼灸院では、パーテーションで仕切られた個室でリラックスして治療を受けれます。

どんな病・症状に関わらず、症状のある局所治療だけでなく、全身の反応点といわれる治療点を取り治療をします。

人それぞれ性格や体格が違うように、経穴(ツボ・反応点)の位置も人それぞれ違います
しろくま鍼灸院では、その患者さんに合わせた経穴を決めていく、オーダーメイドの治療をしています。

良くなるために、症状の原因を知り、身体に合った治療をすることで再発を防止していきます。

使い捨ての鍼(ディスポ鍼)を使用します。単回使用のため、衛生的にも優れています。

鍉鍼(ていしん)

鍉鍼と呼ばれる、当てるだけの鍼を使用します。

灸頭鍼

鍼の上にお灸を乗せて燃やす治療法です。
当院では”あたため鍼”といい、お灸と違い暖かいくらいで終わるので、やけどの心配がありません。

当院では灸頭鍼を主に用いますが、必要に応じてお灸もやらせていただきます。